赤牛6号 第七夜

急な暑さに順応できないのか、
日曜日に勉強会に出て冷房キンキンだったのに我慢してたのが悪いのか夏風邪。
夏に風邪ひくなんて、とんと記憶にない。
布団にくるまって暖かくして寝る?
冬ならいいけど夏ってどうすんだろか。

a0164151_1537422.jpg赤牛も間が開いて見ていると、直したい処が見えてくる。
サイドポンツーンがアンダートレイより2mm程幅が足りないのでエポパテ足す

a0164151_15374473.jpg愛のあるラインに変更してみる。
注)パテ類を使う時は下地をしっかり出してからパテ盛りしましょう。でないと塗料の乾燥時に境界線がコンニチワする場合ありますぜい。

a0164151_1537477.jpg458イタリアはブレーキ。カーボンディスク装備らしいのでそれっぽく塗ってみる。
今日から7月ですが、なんと天下のフェラーリ様も7年間メンテナンスフリーの保証!時代はユーザーにどんどん優しくなるが、この価格帯のクルマ買う人ってその辺あんま気にしないじゃないかねw。


だんだん気温が高くなり、趣味もそこそこにせんと体に良くない季節になりました。
完成は秋。。。としておこうw。
by genq | 2011-07-01 16:26 | Mak関連

赤牛6号 第六夜

a0164151_10505726.jpg第六夜ってなってますけどかれこれ三週間。
あっち直すとこっち気になっちゃって収集つかないっす。きっちりと、一工程ずつ写真を撮って作る事の出来る方、ほんと尊敬いたします。とりあえずサフ(タミヤ仕上げ用)をバァーっと吹いただけで今晩はギブ。。。

おまけ写真
a0164151_0184038.jpg
1/35グスタフをタッチアップしてみた。
by genq | 2011-06-22 00:23 | Mak関連

赤牛6号 第五夜

完成までのモチべーションの維持が難しくなってきたので
いちいち行程をブログする事にする。

作業は多少前後するがはボディ
1回目のサフはソフト99。表面のうねりだけ取るように180番で軽く研磨。
a0164151_11534145.jpg

この後はタミヤの仕上げ用で下地作りの予定だが、Fカメラの位置はやっぱノーズ横が良いのでこの後変更と、スジボリを一旦埋めてパテが生乾きの内にもう一回スジボリ予定。

もう一工程頑張ってみよう。
Fにアップライトがついたままだと工作しにくいし、トレッドがおかしいので
ロワアームから切断して真鍮線でつなぐようにする。
a0164151_12262079.jpg

これでモノコックに接着しても研磨の邪魔にはならんだろ。

Fウイングの翼端板より、まだちょっと出てる。
FIAの車検落とされるね。
a0164151_12262387.jpg


PS)昨日は1/35メルジGET。
できれば旬な時に作りたいw。
by genq | 2011-06-20 15:25 | Mak関連

赤牛6号 第四夜

タイトル変更。
検索で上の方出てきちゃったからね。

本日はお中元を出しに百貨店。デパ地下食材買い込んで家に籠もる。

さて今晩のメインえべんと。
付属のタイヤは外径小さいし、ボリューム感もない。リューターでヤスってみたがトレッドやサイドウォールに張りがなくF1タイヤらしくない。ためしにボリューミーなF60のをコンバートしてみるが2010年のFタイヤは細くなっているだ。う〜ん困った。
OZホイールにも愛がない。
旋盤もってないし。。。
足回りの作りはF1模型の命。妥協しちゃいかんのだ。
しばし考えて
ホイールはキットのを整形する(四個は造れんが二個ならなんとか)
タイヤはホイール込みでレジンキャストに置き換えて幅を積める。
構想は出来た。

早速やってみる。
右はキットホイール加工+F60タイヤ
左はキットノーマル
a0164151_0591498.jpg

キャストの準備
a0164151_0591523.jpg

できあがり
a0164151_0591129.jpg

正中で切断して幅つめ。
a0164151_059961.jpg

こちらがノーマル仕様
a0164151_059727.jpg

加工後のキャスト製タイヤ
a0164151_05956.jpg


結果、サイドウォールがしっかりした原型があればスリックの自作は出来るようだ(^^)。

PS)
買い物ついでに1/35グスタフを店頭で見た。
お手つきしそうだったが買ったw。
Ma.kの世界に戻りたくなってきたよ(^^;)
by genq | 2011-06-17 01:27 | Mak関連

赤牛6号 第三夜

レジンキットは根気が要る。
シャープにしたいと思うと面を出してエッジを立てなきゃならん。
地味な作業の土曜日。

Rウイング翼端板のスリットをすっきりっと。(右が術後)
a0164151_1263386.jpg

メインフラップもだるい継ぎ目をしっかりと。
a0164151_1263871.jpg

2010年の特徴、Fダクトは作らんと。余りランナーを曲げて似せモン作る。
a0164151_1263661.jpg

リアセクション仮組。
a0164151_126405.jpg


明日は完全休養。これからカナダGP予選。
頑張って見ていこう♪。
by genq | 2011-06-12 01:35 | Mak関連

赤牛6号 第二夜

一昨晩は寝付けにコーヒー飲んだモンだから全然眠くない。
湿度が不快なので除湿しちゃってやっと五時頃寝れた。
今日はお墓参り。
大きく育った雑草の掃除。
腰が痛くなるわ、息切れするわでおっさん疲れた。

さて、RB6
ズレの大きいスジボリの彫り直し。レジンとの相性抜群の黒瞬着で一旦埋めて彫り直し。
今回CSI Cleosのラインチゼル(0.2mm)の導入してみたが、僕はデザインナイフの方が相性イイみたい。対象物の堅さとの相性を考えるとデザインナイフは万能。ただ、一旦出来た溝をビシッとエッジを立てるには最高。
a0164151_23561964.jpg

リア周りは悲しい位ガタガタなのでほとんど彫り直し。
a0164151_23562360.jpg

薄い溶きパテを塗りながら彫れば境界線が明瞭になります。
a0164151_23562941.jpg


そして資料本見てて一番気になった場所。
モノコック下部のキールが短い(モノコックが縦に長い)。
ここは1mmプラ板で作り治し。
a0164151_23563422.jpg

整形と同時にノーズ下部も薄くしていくと良い感じ。
a0164151_23563774.jpg

版権関係が特に厳しいと噂のレッドブル。
この車の某社インジェクションキット化の話は無くなったんだろか?
by genq | 2011-06-10 00:20 | Mak関連

赤牛6号 第一夜

F60がそろそろ完成に近いので2010年RB6を始めてみよう。そうしうよう。
実車(前期型)はこんな感じ。キットはいわゆる大人の事情って事で全貌はオミット。
a0164151_1772812.jpg

原型は国内某社らしくシルエットは実車に似てる。細部再現やスジボリはお友達キットクラス。
文句いうより原型があるだけありがたいと思う気持ちでレジン・ホワイトメタルの複合キット、昨年の優勝車を作ります。

まず気になるFウイングのでかさ。
完全なレギュレーション違反なので翼端板をF60のをガイドに縦1.5mm、横3mmカットして縮小。
形状もニューウェイのF1のFウイングらしく削る。(施行前の写真撮ってないからイマイチ伝わらない)。
ガーニーは0.15mmの洋白板から切り出しで見えない裏側で低温ハンダ。
a0164151_902646.jpg

先端のミニウイングも薄々とスリット開け。
a0164151_902936.jpg


続いてリアカウルまわり。
RB6の特徴でもある造型ですわ。
レジン掘り下げて薄々攻撃しましたが、出来がイマイチだったので0.15mmの洋白板と3mmパイプで廃熱口、Fダクトの分岐を作ってみました。う〜ん満足。
Rウイングも分厚いし、ディフューザーもガタガタなので要修正。
a0164151_930221.jpg

by genq | 2011-06-08 10:52 | Mak関連

写真とプラモ