a0164151_20512882.jpgできましたよ。
 ルナダイバーから3年。大物レプリカを目指してみました。
 なんせモノが大物ですから準備が大変。
 まず流用パーツが多いのでマシーネン考古学に強いお方に教えて頂かないとなかなか手が進みません。それにweb写真からいろいろ「読む」事も。パースが付いていない写真はやはりエンクロ本が頼りです。またポケールの絶版キットがど〜〜しても必要なので強いモチべーションがなくてはなりません。しかしパーツが揃えば意外と形にしやすい(出来たから言えるけどw)。
 ルナダイバーの時も思いましたが、作っていると流用パーツの配置の巧みさに感嘆するばかり。シロートだと密な部分に凝って全体的にありがちな構図になりそうですが流石、センセ。
あえて空間を残す事で奥行きが出ますもの。。。
 

ラスボス的で自ら神と言うんですからマーキング等はやめて、月の長的な塗装を想像しております。
っと、偉そうにレプリカとか勝手に言っておりますが、細かいトコはウソ。ばれないようにウソ。これ大事w。

※2013.10.08 写真暗かったので変更と追加


おっきい写真はこちらです。
by genq | 2013-09-28 22:00 | Mak完成品 | Comments(4)

秋の早撮り

おっさん一号の強いモチベーションにより予定より2ヶ月早くカワセミ撮りに復帰です。
だいぶ色戻ってきたよっていうので行ってみた。
確かに背中は戻ってきましたね。
a0164151_17291413.jpg

おっさん一号D4の連写音たるや、こっちの倍っすから負けておれませんがな。頭ブレ。
a0164151_17294368.jpg

いつもの2羽です。
a0164151_1730475.jpg

夕方まで粘りましたが、気がつくと、ずっとカワセミおりましたがな。安定安定♪。
by genq | 2013-09-24 17:32 | カワセミの写真 | Comments(4)

ここら辺まで来ると
完成形を早く見たくなるので自作アレンジ部分も気にならなくなってきます(いけなんだけどw)
a0164151_1914038.jpg

このラインはとってもセクシーね。
a0164151_1912590.jpg

こっちもエエね。
a0164151_1912791.jpg

ここまで来たけど実は筒頭とKK頭だと胴体のラインの違いありと気づく。
なので焦って修正をしております。KK頭の方がよりたれパンダ(この表現良く判らないと思うけどw)
フルスクで良くあるラインの読み違えですな。。。修正しても正しくなったワケではないのでこのまま進めます

コード類を這わすとケルベロスらしくなります。
a0164151_10242359.jpg

a0164151_10245369.jpg

a0164151_1025693.jpg


銀サフ吹いてニンマリ。
a0164151_10363897.jpg


次は塗装っすね。つづく
by genq | 2013-09-20 10:01 | Mak関連 | Comments(3)

首というか胴周りというか
頭の下。
そうあのエンジンの塊。
ロールスのパーツ以外はまったく判読不可能。
したがって写真に似たパーツを選んで一部らしく自作。
見られたく無い写真ですが恥を忍んで載せてみます。
a0164151_18525762.jpg

a0164151_1853087.jpg

流用パーツ代10万超えの自作
選りすぐりの食材を手に入れても
肝心の調理は所詮庶民レベル

この後やっぱり気に入らないトコあったので修正済み。。。そんでもウソだもんなw。
写真は飛んで上棟式風
a0164151_191014.jpg


さて次は組み上げも最終段階ズラ。つづく
by genq | 2013-09-20 10:00 | Mak関連 | Comments(0)

さて胴体。
これはサターンVロケット、ロールス、T-62があれば出来てしまう。
配置はネットの先人の知恵があれば大丈夫。なので写真は撮っておりません。
いきなりパテ盛りです。
a0164151_13113176.jpg

a0164151_1227353.jpg

ここまでは自分で出来るんです。

でもね
そんな甘くないのよ、レプリカって。
写真見ると「これ何のパーツ??」ってのが多いの。。。
これも判らない、あっコレも?
やっぱり先人の知恵、レプリカ作られたご本人に聞くしかないワケ。
ご迷惑と思いつつメールしてみるのよ。
そうすると優しいですわ、マシーネンな方。
サイトウヒールさんには無謀にも途中の写真を送りつけてアドバイスいただいて
rodeonさんはアキバで逢ってお茶してスンゴク大事な写真見せてもらったり
パーツを分けてくださったり。教えてメール何通もだして全部答えてくださって。
つまづくトコ判ってるからそっと手を差し伸べてくださってスッキリんこよ。ホント。

胴体に貼って行くパーツ記念撮影(これでも一部)。これみんなの知恵の結集ですよ。
a0164151_12542815.jpg

足りてないパーツは写真をモトに自作します。
a0164151_1848576.jpg


次は首?につづく。
by genq | 2013-09-18 16:46 | Mak関連 | Comments(2)

今年の夏はキツかった。
夏バテってのを初めて痛感したんではないだろうか。

さて何もしない夏ってのもアレなんでインドアで何かしよう。
マシーネン作ろうと思い立つ。
前から「あのキットが手に入ればいつかは。。。」
そうポケール1/8ロールス。
強いモチベーションがないと出来ないレプリカ制作。
妄想だけじゃなくてちゃんと約10万のプラモを切って貼ってみたよ。

ケルベロス
SF3D時代の筒頭は少年にはピンとこなくってあんまり記憶にない。
けどKK頭になってラスボス的なキャラ立って
中年になると魅力的にみえちゃうから不思議。

今回は製作メインで写真あまり撮っておりません。
撮ってても携帯とかなのでだいぶハショって記事書きます。

頭はKKクレーテより大きいらしい。ヒールさんの製作途中の写真がとても参考になる。
ノイ頭を基準にスタイロフォームを切り出してエポパテ盛って形にする。
おっさん3Dプリンター稼働。

a0164151_10403013.jpg

a0164151_10403899.jpg

a0164151_10403535.jpg


ノイ頭、クレーテ、waveプラパイプ、木パテでだいたい形になるけど
アンテナ、ターレット、胴、腕との接合部は写真判読で判らないのでデッチ上げ。
ホントにレプリカと言っていいかは判らんがこのまま進むゾ。

そんで頭は完成形。
a0164151_10465924.jpg

a0164151_11531083.jpg


なんで頭から作ってるかと言うと肝心なポケールが届かないので見切り発車した次第。
作りたい!っと思い立って手を動かし形にする衝動は抑えられんのです。
大きさや厚さ曲線とかはほぼ想像。いろいろ流用パーツ付けるとそれなりに見えるので
このままでいいでしょ。
ちなみにクレーテの頭もホントは使うんだけど1個しかキット持ってないので
ケチっておりますw。
従ってサフグレーの部分は木パテ、プラバン等の切って貼ったものです。

次は胴体部の作成です。つづく。
by genq | 2013-09-17 11:27 | Mak関連 | Comments(0)

写真とプラモ