鴨川ホルモー

a0164151_101852.jpg渋滞と日中の高温を嫌い早朝にお墓参り。
おかげで体内時計がまったく狂ってしまった。
夜9時に眠たくなるも午前1時に目が覚め眠れない。
なんとも中途半端。
しかたないので何かして眠気をまとう。

iTunesのレンタルでB級っぽい楽に見られるヤツにした。
「鴨川ホルモー」
たまに突飛な夢を見て、自分でも面白かったな。。。って思う事あるが
ソレを具体化したような作品。
あくまでも、B級、レンタル、という限定で見ると良いw。
おかげで見終わってから快眠。
いったいゲロンチョリーって何だ??orz。
by genq | 2011-08-15 10:20 | その他 | Comments(3)

"Go" for launch.

a0164151_117798.jpgOk Guys.....



BOOSTER ?
- Go!

RETRO?
- Go!


FIDO?
- Go!
Guidance?
- Go!
EECOM?
- Go!
GNC? 

- Go!
CONTROL?
- Go
SURGEON?

- Go
INCO? 

- Go!

FAO? 

- Go!
NETWORK 

- Go!

RECOVERY 

- Go!


CAPCOM?
- Go!


We are "Go" for launch.


やっと出来た。
by genq | 2011-08-13 01:38 | Mak完成品 | Comments(6)

シャトルくんはとりあえず最後のお化粧済みまして
とりあえず記念撮影。
発射台に付けたら見えないトコもあっからね(^^;)。
人様の役に立つとは到底思えないけど、すこし解説なんてモンを入れてみたよ。

タイル表現は溶きパテを塗って生乾きのうちにデザインナイフで線を書く感じ。
キズがつけばイイぐらいだと気が楽で長続きしました。
タイル以外の耐熱素材は、0.5mmのプラペーパーをガイドに内側を流し込み接着材
で柔らかくなったところにデザインナイフでモールドを。
a0164151_22472859.jpg


写真多めなのね
by genq | 2011-08-08 10:07 | Mak関連 | Comments(3)

発射台1回目の塗り開始。
下地は通常のグレーサフの後、丸サフのオフシルバー。
この丸サフ、噴射圧が強く細かい処まで良く塗膜が届くスグレモノ。
高いけどいいかも知んない。
そっから筆に持ち替えてラッカーのジャーマングレー、ライトグレー、オキサイドレッドをムラムラ。
細かいトコは面相筆にクリア系のイエロー、オレンジ、ブルーでこちょこちょ。
工場萌えの人が、たまらん。。。っていう風にエイジングしていく予定なの。
a0164151_17331311.jpg


ちょっと気が早いけど
リフトオフ前々夜ざます!。
ラストミッションSTS135 のアトランティス♪。
では、お休みなさい。。。
a0164151_195857.jpg

by genq | 2011-08-07 01:37 | Mak関連 | Comments(4)

発射台の前面にもデコする事にした。
ここも小さなウソを重ねて大ウソと化す。
a0164151_21591095.jpg

プラ材の加工もいよいよ完成に近い終盤になってやっと慣れてきたよ。
なんでも手を動かしてりゃどうにかなるんね。
根気が続かないのでココまでで工作終わり!
a0164151_21591341.jpg

お次は燃料タンク。ミッションによって数パターンあるらしい。
ラストフライト仕様にしてみた。
この茶というかオレンジというか微妙な色。
同じ色を作れと言われも出来ないと思うが、なかなか気に入っております。
ただ、エアブラシでトーンを付けたがあんまりグラデーションが判らん(^^;)。
a0164151_2235552.jpg


久々、ネット通販ではなく今回プラモに行く。
思いかけずアポロ月着陸船が新発売されておった。
こういう出会いは嬉しいね〜〜。
完成品は知ってたけどプラモも出るとは!
やるじゃんドラゴン。
a0164151_1632287.jpg

目玉は1/72の宇宙服よw。これ欲しさに買うたようなモンだわね。
a0164151_1632496.jpg

by genq | 2011-08-05 09:02 | Mak関連 | Comments(4)

a0164151_10365665.jpg発射台をShuttle Launch Platform というそうじゃ。
でも書くの面倒なので発射台。
プラ板、プラ棒、余りランナー等で箱組。
細かいウソをいっぱいつく事で完成とす。
○プラ棒の曲げ方も火の当て方を反復練習すればなんとかそれなりになってくる。
っと書いてはいるが、細部のツメは甘い甘い(^^;)。
5時間でここまで来た満足感でひとまずサフを吹く。

この発射台、年代によって細部が変わってるし、知りたい場所の写真が手に入らなかった。
後は前面のデコレーションして、1/144のハシゴをどっかから探してきて終わりの予定なのね。


a0164151_10361182.jpg

a0164151_103678.jpg

発射台とシャトルとの結合部はブースターの基部だけなので
真鍮線を仕込んでみた。
a0164151_10361334.jpg


a0164151_11484653.jpg話は変わるが ファルケの派生バーションのグリフォン。
限定生産らしいが、まだ買ってない。
なぜか?
ファルケは1/20を待望していたのに4個も造ると流石に置き場所に困る。
カッコいいカラースキームも多くなってきてるし1/35あたりで欲しくなっているのだ。
ハセガワ様にリクエストしみよう。


また話は変わるが、
ブログ炎上とか謝罪削除とか。
あとマスコミの意図を汲まない発言で進退に影響がでちゃうとか。
態度の宜しくない政治家を意図的なつるし挙げも。

この手の、たまたま調子に乗って言っちゃた一個人の言葉に
いちいち過剰反応する世の中になっちまって
まったくもって不愉快なのね。
こんなの行使されちゃったら言論統制よ。怖いな。

それに完璧な振る舞いが出来る人なんてほんの一握りだよ。
あの震災で日本人の心が変わるかと思ったけど、僕含めてセコいままなの。

っと最後につぶやく。。
のではなくボヤく。
by genq | 2011-08-03 11:40 | Mak関連 | Comments(2)

懸案事項であった発射台

educraftから届いたペーパークラフト。
見てるだけでお腹いっぱいの内容。
従って。。。型紙とす。
高い型紙じゃ。
今時のペーパークラフト。。。なめたらイカンゼヨ。
a0164151_1422545.jpg

あきらめがついたので
プラ材で造るとしても1/144とは言え、いかんせん大きい。
なので、一部の美味しい部分を再現する事にして逃げる。
B4番のプラ板を切り出してみよう。
現物合わせで造ってみるが、ここら辺のセンスなしw。
a0164151_1882873.jpg


a0164151_1105077.jpgシャトルの窓は付けない予定であったが
貧乏ちゃまの家の様でやはり寂しい。
透明プラ板切り出す事も考えたが透明感はダメだろう。
旅客機プラモでやられている木工ボンドは経年変化が怖い。

今回は透明接着剤(スジボリ堂 UVクリアー)を使ってみた。
液体の粘性と表面張力を利用して窓枠に流す。あとは紫外線ライト照射。
しかし凹レンズ状になってしまった(^^;)。

a0164151_18513075.jpg

光源変えて撮るとそうでもない。
a0164151_9385715.jpg

実際は良くみないと判らんぐらいだが透明感はとにかく抜群。
反射してるのを撮る方が面倒なぐらい。
窓枠の裏側から流せれば完璧なんだと思う。
次の方、そうされよ!
by genq | 2011-08-02 16:24 | Mak関連 | Comments(4)

カンムリワシ 福田啓人

久々写真集を買いました。
a0164151_1493696.jpg

ハイフォトフォワード2009最優秀受賞者、福田啓人氏。
第2弾 カンムリワシ
前作の「カワセミ」は誰でも撮っているカワセミを
FUKUさんテイストに魅せてくれた写真集であった。
今回のカンムリワシはシーンのバラエティの多さで魅せてくれる。
プロの野鳥写真集でも一枚や二枚、ピンアマや露出の怪しい写真もあるけど、
オールクリアでピシッと気持ち良い写真集(カメラマン目線)。
一羽の幼鳥を見守る撮影スタイルがなんともFUKUさんらしい。

猛禽類はほとんど撮った事ないが、一枚一枚丁寧に現像れている写真だけでも満足感あり。
お気に入りの一枚を貼らせて頂きまshow〜。
a0164151_147440.jpg

by genq | 2011-08-02 09:04 | カワセミの写真 | Comments(7)

写真とプラモ