フォースの覚醒を見てからと思っておりましたが年越しに作ってしまったのだ。
組み安さ、ディテール共に今出てる市販キットの中で最高峰ではないかい。
1日で出来てしまった。恐るべしバンダイ。
a0164151_20415218.jpg

接着もなく、すぅ〜ピタと組み上がり、使ったのは薄刃ニッパーとデザインナイフだけ。
パネルの色だけ退色っぽく筆塗りして、スミ入れとパステルでススつけて完成
a0164151_20414925.jpg

完成して見てやっぱ窓は抜けてないと。。。しこしこ穴空けました。
a0164151_20413691.jpg



こりゃ光らせたらタマランでしょな。
a0164151_2041256.jpg

ライターと一緒に。
a0164151_2041166.jpg

次はマシーネンのグラジ作れれば思い残す事はないのだ。
by genq | 2016-01-08 22:16 | Mak完成品 | Comments(2)

あけちゃいましたけど

おめでとうございます。
正月休みはほぼスターウォーズでした。
鳥撮りはときどきですw。
a0164151_14512546.jpg

by genq | 2016-01-04 14:57 | Mak完成品 | Comments(2)

a0164151_20372936.jpg
またプラモの完成品。
暇ではないけれど何かと迷いなく手が進む不思議な秋でございます。

グールスケルトンのSAFSって今まで作った事なかったのでやってみました。
このカラーリングはやはり名作。
シーピッグは今月末にラクーン発売前になんとか完成までせんと!って少し急いで作りました。
だって右手を左手にコンバートって案外面倒だったんです。せめて自作の爪痕でもw。
レドームとかお鼻は自作。
汚しはなしで「つるし」状態。なんででしょう?結構恥ずかしい。

一方、下に控えしのスーパーボールはどノーマル。
汚しはしてますが至極普通の子です。

このところのプラモ完成品の写真は
Fuji X-pro1で撮っております。
撮像素子はAPS-Cですから小物を撮るには絞らんとならんです。
そうするとisoオートでだいたいiso2000以上となりますが〜ノイズが少ないばかりかシャープです。jpeg撮って出しでコレですからFujiのX-Trans cmosはスゴイいんであります。



大きい写真はこちら
by genq | 2013-10-16 10:58 | Mak完成品 | Comments(2)

ルナガンス 1/20 wave

a0164151_1185838.jpgいきなりですが
ルナルナなガンス
ルナガンス。
途中経過ぶっとばして完成とあいなりました。
クレーテ派生の中でも一番お気に入りな子がプラキットで発売されて勇んで作ってみましたよ。
発売直後に作ってあったのですが写真撮るのがまた面倒になって今になって公開。

スプリット迷彩も良いですが、ホビージャパン登場時の感動を手にしたくて今回も真っ白。
フリーゲおっさんも小手先の細工しただけでポーズもキットのままでございます。

基本塗装はラッカー 
銀サフ、ジャーマングレー、マホガニーの上からルナ白。ムラムラでも濃淡を有効活用。
筆の太さを変えながら何層か塗っています。
だいたい白くなったら面相筆に持ち替えてうすーいクリアオレンジやブルーでタッチアップ。
このとき下地を溶かしながら色の境界面を馴染ませております。
テクスチャ欲しい所はツヤ有りクリア原液を毛足の強い筆でポンポンと凹凸付けておきます。

出来たムラや凸凹を強調する様にスンゴクちょっとエナメルでウォッシング。
ちなみに足回りにエナメル使うと後々折れるの恐れがあるので
ラッカーオンリーでちまちまと濃淡を書いております。


今回は思い入れがある分ベースをつけてみました。もちろん月面でございますよ。
行った事ない人が多いのでイメージ優先でOKです。
適度にポーズを付けて固定してみました。ノイス頭が愛らしく実に愛着のある機体でございますね。

よかったら見ておくなまし。
by genq | 2013-10-08 17:27 | Mak完成品 | Comments(4)

a0164151_20512882.jpgできましたよ。
 ルナダイバーから3年。大物レプリカを目指してみました。
 なんせモノが大物ですから準備が大変。
 まず流用パーツが多いのでマシーネン考古学に強いお方に教えて頂かないとなかなか手が進みません。それにweb写真からいろいろ「読む」事も。パースが付いていない写真はやはりエンクロ本が頼りです。またポケールの絶版キットがど〜〜しても必要なので強いモチべーションがなくてはなりません。しかしパーツが揃えば意外と形にしやすい(出来たから言えるけどw)。
 ルナダイバーの時も思いましたが、作っていると流用パーツの配置の巧みさに感嘆するばかり。シロートだと密な部分に凝って全体的にありがちな構図になりそうですが流石、センセ。
あえて空間を残す事で奥行きが出ますもの。。。
 

ラスボス的で自ら神と言うんですからマーキング等はやめて、月の長的な塗装を想像しております。
っと、偉そうにレプリカとか勝手に言っておりますが、細かいトコはウソ。ばれないようにウソ。これ大事w。

※2013.10.08 写真暗かったので変更と追加


おっきい写真はこちらです。
by genq | 2013-09-28 22:00 | Mak完成品 | Comments(4)

a0164151_9564211.jpgこなさん、みんばんわ。
さてキャメル完成。。。フルスクを挫折した中坊の頃、こんな日が来るとは思いもよりませんでした。
なので、買って速攻完成として時間を巻き戻しましたゾ。

月面の放射線いっぱい浴びた機体。
経年劣化も材質の差から来る違いを表現したい。。。っと妄想おっさん発動。
前回のグロフンからほぼ1年プラモ作ってなかったので使いたかった材料や塗料もあったけど、押し入れの中を探すのが面倒になり、まずは完成を目指しました。

OM-Dの簡易マクロのできる暗いレンズで撮ってみたのでiso6400ってのも中にはあるけどマクロ域だと大丈夫みたい。見直したぞマイクロフォーサーズ。

右の写真は手前にキッチンボールを置いて月面を意識してるの。。。おっさん細かい事考えて撮っておりますw。


※ささ、見てやっておくなまし。
by genq | 2013-02-18 17:21 | Mak完成品 | Comments(8)

a0164151_16503145.jpgどノーマルのグロフンでけた。塗りは昨晩終わっておったので忘年会帰りにパチリ。

このグロフン、あまり期待してなかったというか、リアルタイムで読んで居なかった時期のモデルなのでとくに強い思い入れは無い。様子見で1個作ってみたのだけど実物は非常にかっこよろし。
やっぱ師走だし、簡単で塗り効果の出る冬期迷彩にしてみたよ。

溶きパテ、無彩色をムラムラに塗ってできた不規則な模様。
まるで初めてプラモ塗った小坊の様になる。
筆を太めの面相筆に持ち替えてさっきまでとは逆方向からダークホワイトを塗る。まだ、小坊っぽい。

当然広い面はムラだらけだけど気にせず細かいトコを細めの面相でタッチアップ。中坊昇格。

デカールは小太鼓少年?、お犬さまよろしく101と貼り洒落っ気だして高校進学。

成型色が黒いのでナイフや粗目のヤスリで剥げチョロ簡単♪。
エイジングで一気にオッサンプラモ化していく。
パステルやら、エナメル、アクリルを使ってまた書く。もち失敗したら速攻指ふき(^^;)。

広い面に出来たムラもこのエイジングで境界を不明瞭にするとそれなりに見えるから不思議。
最後にハイライト部分につや消し白をこすりつけてハイコントラストに。


おっきい写真はこちらよ
by genq | 2011-12-28 00:08 | Mak完成品 | Comments(7)

a0164151_2264772.jpgいわゆる名画といわれるものを見て過ごす日々があったので
それ以来、俳優のフィギュアコレクションをしております。
その中からしばらく更新して参りましょう。

レオン
純愛モノでございますね。イイ映画です。ジャンレノもあの役が一番でした。
最近はドラえもんになっとりますね。

1/6フィギュアの新しい王道はHottoys
しかしながら渋いキャラならエンターベイ。どちらも萌え系フィギュアとは一線も二線も画す出来で御座いますよ。



しかし買った時は劇似で感動したもんですが、目が肥えてくるとイマイチ。
この角度は似てるけど。。。
a0164151_2243822.jpg

正面顔は。。う〜ん。ジャンレノ?
慣れってコワい。。贅沢な悩みです。
a0164151_22442667.jpg


早速改造ヘッドの塗り塗りまっ最中(1/6だから大きいね)
a0164151_21313935.jpg

肌は色の透けのあるラッカー、瞳はエナメル、ひげはアクリルでそれぞれ筆塗り
a0164151_22163297.jpg

瞳にツヤ入れて完成ね
a0164151_22215842.jpg


左が製品 右が改造
製品版を型取りレジン複製のあと、面長にしてみたり目を大きくしてみたり
劇中のイメージでエポパテで改造しちょります。
a0164151_21272787.jpg

全体像1
お顔以外はほぼノーマルでございますよ。
くたびれた、だぼだぼコート良い感じです。
a0164151_21592945.jpg

全体像2
サスペンダーで引っ張れたズボンは短くして靴下が見えたほうがそれっぽいでしょ。
a0164151_21592716.jpg

最後は渋いレオン。
a0164151_2202522.jpg

こうなるとマチルダ欲しくなりますな。
by genq | 2011-11-21 22:03 | Mak完成品 | Comments(3)

"Go" for launch.

a0164151_117798.jpgOk Guys.....



BOOSTER ?
- Go!

RETRO?
- Go!


FIDO?
- Go!
Guidance?
- Go!
EECOM?
- Go!
GNC? 

- Go!
CONTROL?
- Go
SURGEON?

- Go
INCO? 

- Go!

FAO? 

- Go!
NETWORK 

- Go!

RECOVERY 

- Go!


CAPCOM?
- Go!


We are "Go" for launch.


やっと出来た。
by genq | 2011-08-13 01:38 | Mak完成品 | Comments(6)

Tamiya Ferrari F60 最終夜

6月はMak関連の新製品、7月にはフジミからあの!ヤマハ FZR750 1985 Shiseido TECH21!も出るし趣味の方で気ぜわしい。Makの気軽さにも戻りたいが、TECH218耐を作りたい衝動はかなりある。当時、丁度お年頃だったおっさんは、あのムース使って平レプリカ被っておりました。プラモも中年殺しの商品がビシビシくるんでしばらく乗かっていくぜよ。

で、F60間が開きましたが、何とか完成。一段落。
F1もMakみたく全部組み立ててから筆塗りで作ったろか!っと思い立つも、まとめる力もプランも無く、至極普通の完成品となりました。いわゆる見えない所は作らず・塗らずの「貧乏っちゃま」仕様。

a0164151_249170.jpg
手抜き作業
1)カウル固定
2)缶スプレー使用
3)カウルキャッチピンは極小パイプでなく真鍮棒

手間かけた作業
1)全面カーボンディカール貼り
2)シートベルトはヒロ製
3)マッサのヘルメットHANS自作。

ご無沙汰だった1/20F1。最後に作ったのはシューマッハのジョーダン。
流石、最新のタミヤ製品、組みやすいしディフォルメもパンチがあります。
タイヤのボリューム感なんかはこれぞF1と思える。

背景いろいろ変えて撮ってみたの。クリックすると横に伸びます。
a0164151_2374327.jpg

a0164151_2374650.jpg

a0164151_2382367.jpg

a0164151_2382722.jpg

やっぱ黒バックは映える。

無駄に撮ったその他の写真はこちらです。
by genq | 2011-06-11 01:48 | Mak完成品 | Comments(3)

写真とプラモ