Elmar f-9cm 1:4 1410659

a0164151_932374.jpg製造年はおそらく1956年、12年先輩でございます。カメラ屋のおっちゃんに気になっている年代物レンズの事を教えてもらいながらいろいろ試写。財布に残っているお金と相談しながらコレに決めた。尖った描写ではないけど優しい写り。古くても製造本数が多いからタマ数は豊富。前玉のクリーニングは済ませてるという、程度の良い物を選んだ。相場が3万円ぐらいというのも嬉しい。

a0164151_9324924.jpgエルマー(ELMAR) 90㎜ f4 (4枚構成)
製造は1931年からはじまり僕が買ったのは4代目らしい。戦前タイプのエルマーを再設計し新種ガラスを使い、レンズ長は5㎜長く、レンズヘッド部分のデザインを若干変更している。製造本数は多く、90mmのエルマーでは最も多く見られるタイプである。
ライカを買おう>ライカを学ぶ>レンズ解説>Lマウント>より抜粋


Elmar f-9cm 1:4/M9/f4.0 1/60/iso400/DNG/AdobeLightroom2
3群4枚というシンプルなレンズ構成だか、見事な円形絞りでボケも品が良い。
a0164151_2150646.jpg

Elmar f-9cm 1:4/M9/f4.0 1/30/iso400/DNG/AdobeLightroom2
Mデジタルだと赤に過敏に反応する事もあるが発色は自然。
a0164151_2147299.jpg

Elmar f-9cm 1:4/M9/f4.0 1/30/iso400/DNG/AdobeLightroom2
昭和の画っぽい
a0164151_21471570.jpg

Elmar f-9cm 1:4/M9/f4.0 1/30/iso400/DNG/AdobeLightroom2
宮崎駿のキャラっぽい
a0164151_2158116.jpg

筐体は細長くでバックへの収まりもいい。M9のブライトフレームとは大分ズレがあるがこれはRFなら仕方ないと思える程度。常用してもよさそう。マイクロ4/3だと、とっても細くて軽い180mmF4。
by genq | 2010-01-31 20:08 | Leicaで写真 | Comments(0)

写真とプラモ