Tamiya Ferrari F60 最終夜

6月はMak関連の新製品、7月にはフジミからあの!ヤマハ FZR750 1985 Shiseido TECH21!も出るし趣味の方で気ぜわしい。Makの気軽さにも戻りたいが、TECH218耐を作りたい衝動はかなりある。当時、丁度お年頃だったおっさんは、あのムース使って平レプリカ被っておりました。プラモも中年殺しの商品がビシビシくるんでしばらく乗かっていくぜよ。

で、F60間が開きましたが、何とか完成。一段落。
F1もMakみたく全部組み立ててから筆塗りで作ったろか!っと思い立つも、まとめる力もプランも無く、至極普通の完成品となりました。いわゆる見えない所は作らず・塗らずの「貧乏っちゃま」仕様。

a0164151_249170.jpg
手抜き作業
1)カウル固定
2)缶スプレー使用
3)カウルキャッチピンは極小パイプでなく真鍮棒

手間かけた作業
1)全面カーボンディカール貼り
2)シートベルトはヒロ製
3)マッサのヘルメットHANS自作。

ご無沙汰だった1/20F1。最後に作ったのはシューマッハのジョーダン。
流石、最新のタミヤ製品、組みやすいしディフォルメもパンチがあります。
タイヤのボリューム感なんかはこれぞF1と思える。

背景いろいろ変えて撮ってみたの。クリックすると横に伸びます。
a0164151_2374327.jpg

a0164151_2374650.jpg

a0164151_2382367.jpg

a0164151_2382722.jpg

やっぱ黒バックは映える。



2009年のマッサのヘルメット。別売りのデカールを使いました。ハンダゴテで熱した綿棒とマークソフターで気長に曲面に貼ってます。
a0164151_2413931.jpg

ヒロのシートベルトセット。ベルトはややオーバースケールだけど密な感じがしておっさんは妙に嬉しい
a0164151_343750.jpg

ハンドルは塗り分けてデカール貼るだけでこの完成度タミヤ万歳。バイザーはキットのを薄々にしてエポで接着。
a0164151_2421694.jpg

Fタイヤのボリュミーで丸っこい感じはタミヤに一日の長ありです。
a0164151_2421048.jpg

HANSはベルトも作ったはずだか撮影時いないいないでした。
a0164151_242211.jpg

Fウイングのクリアは磨きだししないで缶スプレー吹きっぱなし(リスク回避の術)。
a0164151_2551427.jpg

エキパイ出口のみ3mmの極薄パイプでデコ。
a0164151_2571158.jpg

最後の一枚です。
a0164151_2465625.jpg

以上ご覧頂きありがとうございました。
F1も出戻りでしたが、最新のタミヤ製って事でなんとか完成までこぎ着けました。
1/43だったらこの数倍の労力がいった事でしょう。もう戻れないなぁ。
現在、調子にのって赤牛6号作成中でございます。
Commented by RICK at 2011-06-11 09:39 x
ほんと感嘆の言葉しかでん・・・手抜きったって全然僕にはわかんないし、ここまで凝るとはgenqさんどこに行きたいのよ?(笑)
若干身近で影響されて嵌りかけてるのが居るらしいし・・・w

フロントホイールのBBSカーボンカバーって何なのこれ?
ブレーキを冷やすものかな~。

TECH21!キタキタBIKE~♪
僕も若かりし頃ムース使ってたよ(o ̄▽ ̄)ノ
しかし平レプ被ってたとはねえ・・・・
Commented by にゃっち at 2011-06-11 10:00 x
すんげ~~~~~~~~!
ハンドル周り、メット、シートベルト・・・
見ていて倒れそうになったよ。感動~~~~!
車体もいちいち凝ってるなあ~
背景凝って遠めで撮ったら、ホンモノそっくりに撮れそう。

TECH21なつかしっ!そんなのまで発売されるなんて、私達の年代狙い撃ちされてる感じw
平メットだったんだ~。何に乗ってたんだっけ?
Commented by genq at 2011-06-11 12:58
へへ〜ん褒められちゃった(*^_^*)。
でもね、カウルの中身空っぽよw。上手い人はちゃんと中作って、なおかつ多分割のカウルをビシっとハマるように作れるのね。それに僕のはツヤが足りない。
でも、カーズくんにはこのキット簡単だから勧めておいてよ〜。

BBSのカバーは整流のためらしい。実車でもホイール模様だから違和感あるねw。

TECH21のムースは昭和の高校生は誰もが使ってたね。
平レプリカ以来、ずっとAraiが好きだったな。
そんでバイクはなぜかCBR400F。。。合わないw。

by genq | 2011-06-11 01:48 | Mak完成品 | Comments(3)

写真とプラモ